サン治療院 TEL0438-22-3373
HOME

MENU
マッサージ
気功整体ヒーリング

INFORMATION
院長先生紹介
院長コラム
院案内

INFORMATION/院長コラム


タイトル 日付
ひろの気の勉強会6認識を変える 2008/09/07

ひろの気の勉強会6

認識を変える

私の気の勉強会では、認識を良い方向へ
変えるという勉強をしています。認識とは、
現実をどのように認め、意識しているかという
ことです。平たく言うと、現実に対する
考え方、捉え方、見方です。認識が良い方向に
変われば、その人は確実に心身ともに健康になります。

認識を良い方に変えるポイント

1.口癖を変える。

普段発する言葉には、その人の現実への
認識が反映されます。
お勧めの口癖は、
「良かった」「ありがたい」「おかげさま」
「こんな幸せはない」「ついてる」
「ああ、まんぞく」「うれしい」「私は幸せ」です。
このような言葉を言いつづけていると、
その波動が、そういう人を周囲に呼び寄せます。
さらに、「まっいいか」「それでいい」もお勧めです。
現実をコントロールしようとするのではなく
心を鍛える(メンタルタフネス)というわけです。
心はキントレ可能です。鍛えれば鍛えるほど
内面の器が大きくなります。

2.かまのたとえ

目の前の人が、あなたを攻撃し、いじめてくるとします。
その人は、例えば、あなたにめがけてかまを振りかざして
攻撃しているかのように見えます。
しかし、本当は、あなたの悪いカルマ(行為)の実った稲穂を
刈り取ってくれているのだとしたら、どうでしょう?
ありがたいとは思いませんか?相手の自分への
攻撃やいじめは、私に蓄積されていた悪いカルマの解消が起こっている
のだと認識を切り替えましょう。
そうしたら、まっいいか、それでいい、
さらに悪いカルマの解消を手伝ってくれてなんてありがたいんだろう
とおかげさまの意識になり至福感が湧いてきます。
まっいいか、この(不幸に一見見える)現実を楽しんじゃおうと思えるように
なったらしめたものです。どんな出来事でも楽しむ事ができるようになると、
自分の体をも強化する事ができます。
人生はものの捉え方次第です。病は気から、とも言いますよね。
本当に気の持ちようです。

3.現象(現実)の3つの捉え方

目の前にある現象(現実)の捉え方には、大きく分けて
3つあります。
@事実を否定する
A事実を認める
B事実を楽しむ

@の解説:事実を否定すると、苦しみが生まれます。
事実の否定とは、”これは良くない事が起こっている”
”足りない、”欠けているところがある”
と認識する事です。現実をこのように捉えると、
気がぎゅっと収縮し、流れにくくなり
エネルギー不足が起こります。
感情で言うと「怒り」「嫉妬」「心配」「後悔」
が湧いてきます。これは残念ながら気持ちのいい状態ではなく
幸せな状態ではありません。やがては、「許せない」
という思いや、不平不満の心に育っていってしまいます。

Aの解説:事実を認める人は、事実をあるがままに
受け入れて観察できる人です。そいういうひとは、
どんな現実を前にしても「ああ、そうか」と何も動じる
事はなくなってきます。

Bの解説:事実を楽しめる人は、生きている事の幸せを
実感できます。自分は何者かによって生かされている
という事もわかってきます。「ありがたい」「おかげさま」
「こんな幸せはない」と心から言える人になっていきます。
そして、段々自我意識が減っていきます。、自我を護(まも)る事に
こだわる事がなくなっていき、代わりに慈しみや優しい気持ち
が湧いてくるようになり、つながりの意識になっていきます。

このように、目の前に起きてくる出来事や現象、事実に対する
認識の選択権は、常に自分にあります。これを
忘れてはいけません。@〜Bの例で見た通り、
自分の選択次第で体験する実感が変わってくるのです。
ものの見方を良い方向に変え、喜びの認識を
訓練すると、今生きている事に幸せや充実を感じることができるのです。
これが本当の救いだと私は思います。

4.内観とは?

内観というものは、自分の認識を喜びの認識にするために
するものだと私は思っています。
やり方としては、自分の心に入っていって、心のエネルギー不足
を起こしている部分、恨む、怒る、憎む、哀しいという不幸の
認識をしている部分を発見し、幸せだ、良かった、ありがたい
という幸福の認識に完全に変えて、また戻ってくることです。
一言で言うと”気づき”です。
その為にプラスの捉え方を総動員します。
例えば内観しながら、こう自分に言い聞かせてみましょう。
「今現実に私に起こって来る出来事は、100%自己責任。
他人や周りに責任転嫁できることはなにもない。
自分の過去世から続くこれまでの行いや行為のすべてと、
今自分が発している波動が、この現実を引き寄せ、
全て創り出しているのだから。」

認識を変える方向は、つねに愛と感謝と光という方向です。
内観が上手になり、
いつも、愛と感謝と光が心に現れるようになると
いつも現実からありがたさと、恵まれてる感覚と
至福感を抽出できる人になります。

心のベースを至福感にして”幸せだなぁ”
といつも無邪気に微笑んでいられる人に
なりましょう!

赤嶺禮恭

      COPYRIGHT(C)2008 SUN-CHIRYOIN. ALL RIGHTS RESERVED.