サン治療院 TEL0438-22-3373
HOME

MENU
マッサージ
気功整体ヒーリング

INFORMATION
院長先生紹介
院長コラム
院案内

INFORMATION/院長コラム


タイトル 日付
ひろの気の勉強会4”ありがとうございます”の力 2008/8/18

ひろの気の勉強会4

”ありがとうございます”の力

江本勝氏の水の結晶の研究によると、
ありがとうという言葉を書いた紙を
水の入った透明容器に貼っておくと
美しい結晶が現れるそうです。
これは言葉のもつ波動を見事に証明した
ノーベル賞ものの大発見です。

私たち人間の体も、実にその70%以上が
水分である、と言われています。
ある意味では私たち人間は、”歩いて移動する
水の入った透明容器”のようなものです。
例えば顔にありがとうと紙に書いて
貼っておけば、体中の水分の波動が
美しく変化するかもしれません。
といっても実行に移すのは少々勇気が要ります。

もっと実行するのが簡単な方法があります。
それは人間の想念の力を使う事です。
体内環境は想念の影響を確実に受けるので、
いつも”ありがとうございます”という想念を
発しつづければ、体内環境はおのずと
整いきれいなるはずです。

注:*ありがとう〜(光源から発した、輝く光が組み合わさる)
  ーあちらの世界(彼岸)
  *ございます〜(光が物質化し、移り行く命となり栄え循環する)
  ーこちらの世界(此岸)
という意味があるので、ただありがとう、というだけよりは、
”ありがとうございます”と言う方が、あちらとこちらを繋ぎ、
バランスが取れてエネルギーが良く循環します。

●良い水は自分で作ることができる

波動の原理からいくと、
水を飲む前に、”ありがとうございます”
と水に向かって唱えると良い波動の水になります。
同時に、体内70%の水分もまたしかりで、
”ありがとうございます”と唱える(思う)
だけで、言霊の影響で体内の水分の波動が良く
変化するのです。いつもそれを行なえばその人の体内の水分は
美しい結晶体となります。例えばそれがもし女性なら、
そのひとは自然に綺麗な雰囲気に変わって行きます。
どんな小さな事でも”ありがとうございます”って思える人は
女神様の様でとても美しいですよね。

もし、究極”ありがとうございます”と24時間思うことができれば、
その人の体内には常に美しい結晶の水分が流れる
ということになります。少しでもこの状態に近づけられれば
これで体内浄化、デトックスもばっちりだということですね。
普段なるべくたくさん”ありがとうございます”と言って、体内を
きれいにしましょう。

●”ありがとうございます”、は
最高レベルの光の波動を持つ

”ありがとうございます”、は言霊でいうと光が循環する様を表した
もので、最高の光の波動を持ちます。ですから、”ありがとう
ございます”でいつも想念を満たしておけば、
その人は最高に良い波動を持つ存在となります。
私のヒーリングの技術「ヒロエナジーメソッド」
もその最高の言霊”ありがとうございます”をとり入れています。

●ヒーリングの原理
「波動は、周囲の環境に干渉し、それらを変化させてしまう
力を持っている」

怒りや恨みつらみ憎しみの波動を出せば、周囲からエネルギー
を奪う存在になります。
感謝や慈しみや愛の波動を出せば、周囲に良い影響や癒しや
エネルギーを与える存在になります。

私がヒーリングする時は、”ありがとうございます”を
ヒーリング中頻繁に唱えて、自分の波動を整えます。
平均波動を感謝の波動に安定させます。
生徒さんにも同じようにヒーリングの実習中何度も
”ありがとうございます”を唱えてもらっています。
そうする事で、ヒーリング能力が格段に高まります。
”ありがとうございます”の波動で自分自身を満たした
ヒーラーは、周囲の環境(すなわちクライアント)に
干渉し、それらを良く変化させてしまう力を持つからです。
この感謝によるプラスの波動干渉力が、パワフルにヒーリング
を起こす大きな鍵の一つなのです。

●波動の法則と感謝の関係

良い波動は良い波動を引き寄せ、悪い波動
は悪い波動を引き寄せます。
波動にも”類は友を呼ぶ”が適応されます。
愛には愛が、感謝には感謝が帰ってきます。
出した波動に見合ったものが帰ってきます。
ですから、たくさん感謝し、周囲に慈しみを持ち
大切に思うことです。必ずそれらは帰ってきて
あなたを幸せにしてくれることでしょう。
おかげさま、ありがたい、こんな幸せはない
と言える現実を楽しく味わうために今日この瞬間から
たくさん”ありがとうございます”と言ってみましょう。

実は、心にありがたいという思いが湧くことそのものが、
とても貴重で幸せなことなのです。

赤嶺禮恭

      COPYRIGHT(C)2008 SUN-CHIRYOIN. ALL RIGHTS RESERVED.